師範学校

師範学校とは、教師を育成する学校でした。明治5年に学制が公布され、それまで各藩や子供の親の自主に任されていた子供の教育が、一つの制度として確立されました。その結果、学制の考えに沿った指導を行う教師の養成が必要になり、徳川幕府の昌平坂学問所を受け継ぐ形で、同年東京に最初の師範学校が設立されました。その後東京師範学校は教育大学、筑波大学と変遷していきました。今の御茶の水大学も東京女子師範学校が前身となっています。その後各県に次々と師範学校が設立されています。師範学校の制度は度々改正されますが、基本的には小学校教員を養成する師範学校と中学校教員を養成する高等師範学校がありました。また明治7年には早くも女子師範学校が設立されています。

[include file=/rssb/12547/rss.html]

師範学校の特色は、子供の教育に従事するための人材育成という建前から、授業料がかからない点です。卒業後の就職先の心配もありません。経済的な理由で上級学校に進めない若者も学ぶ事ができました。また兵役の面でも優遇されていた為、わが子を守る為に師範学校へ進学させるケースもあったのではないかと思います。戦後は新しい教育制度の導入に従って、大学に教員養成課程が設けられ、同時に師範学校は各県の国立大学の教育学部等に移行していきました。

参考:文部科学省HP制百年史』第1編第1章第5節「教員及び教員養成」より

[include file=/rssb/12548/rss.html]

カテゴリー: 教育の歴史   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>