学校法人とは

学校法人とは私立学校を設置運営するための主体だそうです。国立は国立大学法人、県や市が設立している大学は公立大学法人となります。全部を含めて学校法人というのかと思っていましたが、「私立」に対する名称のようです。ただし、昭和47年に全国の都道府県によって、医療環境に恵まれない僻地等の医療充実のために設立された、「学校法人自治医科大学」というのもあります。大学がある栃木県が発行する特別の宝くじ、「地域医療等振興自治宝くじ」による収益金の交付を受けています。宝くじファンは知らずにサポートしているかも知れません。そのほか独自のものとして、放送大学学園法による特殊法人の「放送大学学園」があります。

[include file=/rssb/12559/rss.html]

学校法人制度の最初に書かれているのが、「学校法人を設立しようとするものは、寄付行為において、その目的、名称、設置する私立学校の種類、名称等所定の事項を定めた上で、所轄官庁の認可を受けなくてはなりません」とあります。設立は寄付行為でなくてはならないという点が新鮮です。私立=私人が私財を投じて設立・運営の意味が守られているのは、現代では不思議な気もします。昔ならいざ知らず、新設校などは、大きな資本が介入しているイメージがありました。そのために私立学校には自主性が重視され、規制はできるだけ制限されて、自由な独自の教育が認められているのだそうです。

参考:「私立学校の振興」文部科学省

[include file=/rssb/12560/rss.html]

カテゴリー: 教育制度   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>