東大と京大の前身は何だったのか

東大と京大は云わずと知れた、東西の双璧で、事あるごとに比較されてきました。よく言われることに、「秀才の東大と天才の京大」というのがあります。日本初のノーベル賞受賞者の湯川秀樹博士は京大の出身です。秀才と天才を生み出す違いはカリキュラムや伝統的な指導方針ばかりでなく、学生を選別する入試の問題にも現れているようです。それではそもそも東大や京大の前身は何だったのかに興味が湧きます。それぞれのHPで沿革を調べてみると、東大の前身の一つは1684年(貞享元年)の幕府の天文方のようです。その後、洋書所、開成学校と変遷し、別の流れの昌平坂学問所や種痘所(後の東京医学校)と合わさり、明治10年に東京大学として創立されています。
[include file=/rssb/12579/rss.html]

一方京大は1861年(文久元年)にオランダ海軍医官ポンペの建議により設立された長崎養生所とされています。1865年(慶応元年)に分析学理所が付設され、これが翌年江戸に移設されています。さらに1868年(慶応4年/明治元年)に舎密局として大阪府に再移転され、この舎密局が京大の前身しされています。その後、政府の学制の改変に従って、専門学校、中学校、高等中学校、高等学校と変遷し、1897年(明治30年)に、ようやく京都帝国大学として創設されました。ともに医学校的色彩の強いスタートですが、長く体勢の中の学問の中枢として歴史を刻んできた東大と、そもそも外国人による提案であったこと、時代の、政治の求めに応じて転々とした京大とでは、かなり違った背景です。

参考:東京大学HP   
京都大学HP

[include file=/rssb/12580/rss.html]

カテゴリー: 大学と社会   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>