私学の双璧、早稲田と慶應

早稲田大学と慶応義塾は、事あるごとに並び称されてきました。バンカラの早稲田にスマートな慶應ボーイというのは、私が知る限りでは、まさにその通りでしたが、最近はどうでしょうか。不景気の時には「三田会」のコネを期待して慶應の人気が高まるとはよく言われますが、どの会社も大なり小なり学閥はあるのではないでしょうか。いずれも歴史のある大学なので、人気が拮抗していますが、学科によって人気度に違いがあるようです。

[include file=/rssb/12583/rss.html]

早稲田大学は政争に敗れた大熊重信が1882年(明治15年)に創設した東京専門学校に始まります。日本の近代化を促進するためには人材育成が不可欠と考えて、そのとき設置されていたのが、政治経済学科、法律学科、理学科、英学科です。また早くから専門的実務者の育成にも尽力し、1902年には早くも大学部のほかに専門部を併設しています。また1978年には早稲田大学専門学校を開設しています。
一方慶応義塾は1858年(安政5年)に福沢諭吉が藩校として開いた蘭学塾「開塾」が始まりで、1868年(慶応4年)に「慶応義塾」と改称しています。1906年(明治6年)に早くも大学院が設置されています。また1917年(大正6年)に医学科予科が開設され、1920年(大正9年)には、医学部を含む総合大学として発足しています。1947年(昭和22年)からは通信教育部を開設しています。
両大学の年表を見ていくだけでも、その大学の方針が見えてきて、なるほどと思われます。

参考:早稲田大学HP
慶応義塾HP

[include file=/rssb/12584/rss.html]

カテゴリー: 大学と社会   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>