通信制学部

学校教育法の第86条に「大学には、夜間において授業を行う学部又は通信による教育を行う学部を置くことができる。」とされています。通信学部の歴史はかなり古く、1947年に法政大学に通信教育部が設置されたのが始まりです。以来多くの大学が通信制の学部を設置しています。当初は働きながら勉強したい人、学費の負担が困難な人たちにも大学課程の門戸を開く役割がありました。地域に希望する学部かがない人にも通信制は便利な仕組みでした。また学士の資格が必要な仕事に就いている場合や、より上級資格を得たり、昇進したりするために学士の資格や専門知識が必要である人々も多く通信制を利用していました。しかし近年は、少子高齢化により生涯教育分野で通新制大学の役割が期待されるようになっています。

[include file=/rssb/12611/rss.html]

法政大学通信教育部の初代学部長は美濃部達吉で、長い歴史に加えて、全国各地でスクーリングや試験が行われる点、多様な資格課程が用意されている点、低廉な学費などが特徴として挙げられています。各地に学生会があり、通信制でありながら、学生間の交流も活発のようです。大卒のメリットの中で、「同窓」という関係は少なからぬ重みがあります。どの企業も学閥というものが大なり小なり存在します。歴史が古い分、各地の同窓会も大きな力となっているのではないかと思います。通信制大学はITの発展により、可能性が広がっています。法政大学通信教育部でも2003年より、「インターネットスクーリング」を開校していますし、翌年には「メディアスクーリング」も開校しています。

参考:法政大学通信教育部

[include file=/rssb/12612/rss.html]

カテゴリー: 支援と福祉   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>