明治初期の女子教育

江戸時代の江戸市中における女子教育は、制度がなくても当時の諸外国と比べても充分に機能していました。明治政府が明治5年に制定した初等教育は、国民全員を対象としたもので、女子教育も「女児小学」として区分されていました。しかし中等教育に関しては、男子向けの中学校と比べると整備は遅れています。文部科学省の「学制百年史」によると、江戸時代から「女学校」という名称は存在したそうです。その「女学校」と言う言葉が、女子の中等教育に該当するものとして明確に位置づけられたのは、「女児小学」の卒業生が発生する明治10年代になってからだそうです。

[include file=/rssb/12619/rss.html]

ただし江戸時代の単に女子が通う女学校という曖昧なイメージは明治政府になってからも引き継がれ、明治4年に「東京女学校」が開校しています。そのために入学年齢は8歳ら15歳までとされ、かなり巾のあるものでしたが、概ね小学を卒業したものが対象としたもので、不明確ながらも女子の中等教育を意図していたようです。東京女学校はその後明治10年で廃校になりましたが、その後の女学校の範になり、明治15年に東京女子師範学校付属高等女学校が創立されました。就業年限は5年間です。その他に県立の女学校や私立の女学校が明治の3~13年ごろまでに次々に創立されました。県立の女学校は明治18年には全国で8校あったそうです。私立のものは多くは外国人によるキリスト教に基盤を置くもので、立教、フェリス、梅花、同志社等、今も残っているものも少なくありません。

参考:文部科学省「学制百年史

[include file=/rssb/12620/rss.html]

カテゴリー: 教育の歴史   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>